評判や口コミの良い投資顧問会社の判断基準とは

投資顧問の判断基準


資産運用を考えている一般投資家にとって頼りになるのが投資顧問です。
いかに良心的で有能な投資顧問と組むかで、その先の利益は半ば決まってしまいます。

ただ単に市場の動向をデータ化してメールで送ってくれるだけの会社もあれば、きちんとヒヤリングをして、最適な投資対象や銘柄をアドバイスしてくれる会社もあります。

では私達一般投資家は、どうやってこれらの会社の良し悪しを判断すればよいのでしょうか?

投資顧問会社との契約形態を決める

まず、最初に決めなければいけないことは、投資顧問会社とどのような形態で契約を結ぶかです。

大別すると、『助言型』と『一任型』があります。

助言型はあなたが実際の資産運用を行い、アドバイス(助言)をもらうというスタイルです。これにはただ単に契約した会社が開発した市場分析ソフトを購入するだけのタイプから、どの銘柄にどのタイミングで売り買いすればよいかなどの相談に乗ってくれる相談タイプ、更には適切なタイミングで今この銘柄を買いなさいと指示をくれる指図タイプなど様々です。

一方の一任型は、契約した投資顧問会社に運用そのものをお任せし、得た利益の何%かを成功報酬として支払い(あるいは差し引かれ)、残りを受け取るというタイプの契約形態です。

どの投資顧問会社と契約するかを決める

契約する形態が決まったら、次はどの投資顧問会社と契約を結ぶかを決めなければいけません。しかし数ある会社の中から1社に絞るには、それなりの判断材料が必要になります。

あなたに少しでも資産運用の知識があるのであれば、先ずは無料の銘柄相談などを受けてみるのも一つの方法です。そうすることで、その会社がどの銘柄に着目し、また相談内容が自分の求めているものにマッチしているかがある程度判断できます。

ただそういった知識や経験が全く無い場合には、経験者の声に耳を傾けてみるのも一つの方法です。

評価や口コミの判断基準

世の中には既にその投資顧問と契約し、実際に資産運用した経験者がいます。その人たちの多くはネット上に口コミや評価といった情報をアップしてくれています。これは経験者の生の声なので、ここで評判の良い会社を選択するのも良いでしょう。

評判の投資顧問が自分にとって最適な相手かどうかは、口コミ内容を精査して判断する必要があります。

  • 相談内容は親身で親切か
  • 適切な銘柄を勧めているか
  • 市場の動向を的確に判断できているか
  • 成功報酬金額は適切か
  • 上手くいかなかった時の次の手を考えているか

などなど、こういったところも判断基準にして選んではいかがでしょうか。

私が過去利用していた中で最も優良であったサイトをご紹介します。一度見て頂ければその親切さが分かるかと思います。