株式投資の勝ち組に仲間入りできない理由と抜け出す方法

学ぶ気持ちがない

株式投資の勝ち組は色々な理論を学んだ結果として、独自に作った勝利の法則を持っています。その法則がしっかり機能しているために勝ち組に入れているのです。しかし、勝ち組に入れない人は学ぶ気持ちがありません。適当に学んで、取引も適当にしていることが多いです。これはそのようにしている人が全て悪い訳ではありません。株式投資について教えている学校などがないために独自で学ぶしかないのです。そのため、何を学んだらいいかが分からずに、中途半端に学ぶことをしているのです。結果として、学んでいないのと同じレベルに落ち着いています。私はこのような人たちの気持ちがすごくわかります。何を勉強したらいいのかわからないから、とりあえず基礎的なことを学んだという状態で止まってしまうのです。私も同じような行程を経ているので、止まっている人の考えていることが理解できます。次にどうすればいいのだろうと迷いながら、取引だけをしているのです。それではダメだとわかっていながらも、抜け出せない人たちです。

言い訳をしながら取引している

言い訳をしながら取引してる人も多いです。取引に対するしっかりとした根拠がないので、どうしても言い訳をしてしまう状態です。根拠となる理論やテクニックがあれば、言い訳などしないで自信を持って取引できます。しかし、積み重ねてきたものがないので、薄っぺらい言い訳をしてしまうのです。そのような取引をしていて、勝ち組になれるわけがありません。それでも取引を続けているのは、何となく負けていないからでしょう。ひどく負けていたら、手を引いています。もう少しまともに取引できるようになれば、言い訳をしないようになれます。そうなるまでは、根拠となるものを身に付けることが大事です。それが見つけられなければ、ずっと同じように言い訳をしながら取引をするようになります。

勝ち組の知り合いを作る

そんな勝ち組に仲間入りできないのであれば、抜け出す方法としては勝ち組の知り合いを作ることが大事です。勝ち組の知り合いができれば、簡単に抜け出せる人もいます。勉強法が分かりますし、何よりも成功へと導いてくれる存在になるでしょう。このまま勉強すれば、成功できると分かれば心強いものです。また、成功例を目の前にすると、自分もなりたいと思います。そう思えれば、どんな勉強でも頑張ってすることができるでしょう。ただし、途中でやめてしまうのであれば、知り合いにはならない方がいいです。中途半端に成功者を知ってしまうと、惨めに感じてしまいます。