株式投資で勝ち組になる秘訣!

常に学ぶこと

株式投資で勝ち組になるには、毎年利益を出すようになることが大事です。そのために大事なことは常に学ぶことです。株式投資では色々な理論が打ち立てられているので、どんなに学んでも学びきれないほどの量があります。しかし、学ぶことを諦めてしまったら、より良い戦術があるかもしれないのに、それを諦めることになります。私は学ぶと決意してから、ずっと学ぶようにしました。その結果として、勝ち組に入ることができたのです。学んでいけば、どこかで自分に合う理論などが見つかります。その理論をしっかりと深く理解していけば、勝てる法則を見つけることが出来るでしょう。ただし、それだけでは時代遅れになる可能性もありますので、そのあとも学び続ける必要があります。時代と共に理論は変化しつづけます。そのため、学び続けることが重要なのです。

自分なりのルールを作る

株式投資で勝つには自分なりのルールが重要です。自分が決めたルールをはみ出さないように取引をしていると、勝率が上がるでしょう。そのルールは理論を元に作り上げた自分なりものです。そこまでは色々なものを試してみることが大事です。試しているうちに独自のルールが出来上がっていきます。また、ルールができても改善し続けることは大切です。状況や流れによって、ルールが適応できないことがあるかもしれません。そのようなとき、どのようにルールを変化させるかは重要な問題です。他に、負けると分かったルールは改善することも大切です。ルールが適応できないのであれば、どんどん変えていくことが必要になるでしょう。私はこれをしないで失敗したことがあります。負けると分かっていても、せっかく作ったルールだからと思い変えなかったのです。その時は大損をしました。ルールは変えるのが大事だと学んだ瞬間です。

感情に流されない

株式投資では感情に流されないことが重要です。感情的になって、取引を止めてしまうことは多いでしょう。しかし、それが負けるコツなのです。感情は決して勝てるルールには入っていません。また、感情的になると、市場を正しく評価できなくなることが多いです。そのため、理論ではまだ続けるべきところで止めてしまうこともあるのです。利益を確定させることは間違いではありませんが、大きく勝てるところで勝つことも大事になります。取引を行うときにはその根拠を考えてから取引しましょう。ルールにしたがって取引しているのか、感情的になって取引しているのかを確認するだけでも、効果があります。感情的になって損をしたことが私にはあります。ルールを無視して損切りしなかったのです。結果、信じられないくらい損失を出したのです。