こんな人が株の勝ち組だ

実は資金の多い人が有利

いろいろな投資法があります。そして、投資は運にも左右されます。しかしながら、それでも投資によって資産を増やせる人と、そうでない人がいます。その違いの1つはもちろん投資技術だと思うのですが、もう1つ重要なことがあると、私は思っています。それは、投資につかえる資金の多さ、です。なぜならば、投資に多額の資金をつかえる人は、いざそれが値上がりした時に多額の利益を得ることができるからです。

一方で、少額の投資しかできない人は、得られる利益も当然少なくなってしまいます。もちろん、資金が少なくても10倍株、100倍株に投資ができれば大きな利益を得ることができますが、そんな幸運は稀でしょうし、そのような銘柄に集中投資をするのは、リスクも大きいものです。

また、資金の多い人は、値下がり時も「待つ」ことができます。資金に余裕があれば、購入した銘柄が値下がりしても、慌てて損切りをする必要がありません。もちろん損切りをしてもいいのですが、その銘柄の値上がりに自信があるならば、待って、待って、上がった時点で売れよいのです。ですから、結局は「お金を持っている人ほどそれを増やしやすい」というのが、投資の真実、いや、資本主義社会の真実だと、私は思うのです。

勝ち組になるためにはお金を増やそう!そして余裕のあるお金で投資をしよう

そう考えると、投資の勝ち組になる重要なポイントの1つは、資金を増やすことだといえます。働いて稼ぐか、何かの資産を売るか、人から集めるなどの方法で、お金を増やしましょう。そしてその大きなお金で投資をすることによって、値上がり時に多額の利益を得られるようになるのです。また、そのお金は、一時の値下がりを気にしないでいられる余裕のあるお金であるべきです。

つかい道の決まっているお金で投資をするのは危険です。いくら値上がりを続ける株でも、一時的に下がる時はあるのですから、もしその時にそのお金をつかう必要に迫られれば、損をしてしまいます。

投資の技術も、もちろん重要でしょう。しかし投資の勝ち組になるためには、投資資金そのものも重要なのです。そしてその資金は、つかい道のない余裕のある資金であるべきです。そんな資金で投資ができれば、得られる利益も多くなりますし、値下がりしても値上がりをひたすら待つことができます。また、利益を得たら、元々の資金に加えてそれを再び投資に回し、複利で急速にそれを増やすことができるのです。株の勝ち組の人というのは、そんなサイクルでお金を動かしているのではないでしょうか。また私自身も、「お金というのは、ある時は増えやすく、ない時は増えにくい」と、これまでの人生で感じてきたものです。